グラフ

企業間取引を始めるにあたって必要な準備のひとつに信用調査があります。
信用調査の結果によって正しく企業与信を設定したり倒産予測を行うことが非常に重要です。
企業与信とは取引限度額設定や場合によってはなにか別に債権保全策を設定することです。
与信限度額を正しく設定せす、相手の支払い能力より多く製品を先産してしまった場合、倒産したときにその分がもろもろ損になってしまいます。
こうならないためにも信用調査の結果を正しく読み取り倒産予測をしていく必要があります。
調査会社が独自に設定した基準に点数を当てはめて評点を設定しています。
この評点が低ければその分倒産リスクが高いです。
しかし評点が高いからといって必ず倒産しないかといえば、決してそうではありません。
財務諸表が掲載されているのでここ数年のその企業や業界を取り巻く環境を読み取ることが出来ます。
仕入先や得意先についても書いてあるので、大企業との取引実績があれば、それだけ信用があると見てもいいでしょう。
また、回収サイトと支払サイトのチェックも重要です。
回収と支払の期間が長ければ資金調達に猶予がありますが、短いと支払のために頻繁に親会社や銀行から借り入れを行っている可能性もあります。
また信用調査は、取引開始前の1回だけ行うのではなく、必ずて危機的に調査を行うことが最も重要です。
企業を取り巻く環境は1年でがらりと変わってしまいます。
定期的に調査を行い企業与信設定を見直したり倒産予測をし直すことが企業間取引をするにあたって忘れてはならないことです。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031